FC2ブログ
最近はプロモーションビデオはあんまり・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by YUKI
 
[スポンサー広告
インチキ英語講座⑥
インチキ英語講座とは「英語なんか話せないけど、英語の勉強をしないで、英語の歌を英語っぽく歌いましょうよ」という、その名の通りインチキな企画です。
と言いつつ、前回は「インチキなのに、勉強してどうする?」って感じの内容になった。気を付けないと(笑)
カテゴリー作っちゃいました。こちらからもどうぞ。

今日のテーマはとりあえず、まとめ

というわけで、とりあえず「子音を勝手に省略しない」の話をキリッとまとめてみたいと思います。

その前に前回の補足を2つ。
「1つ音符に1つの音節」というのは、音符から見た時の話であって、いくつもの音符を1つの音節で引っ張ることはしょっちゅうあります。「あ~~~」とか「え~~~」とかなるやつね。お間違いのないよう。
あと、「日本の歌は1つの音符に1文字」これは、最近、崩れつつあると思います。
子音の後の母音を無音化したり、連続した母音を二重母音にしたりすることで、ひとつの音符に2つ以上の文字を乗せて歌っているのです。
ただ、これらの方法はつまるところ「英語的アプローチ」であるわけで、日本語の歌なんですけど、英語の歌の特性を理解するいいヒントになるかな?なんて思ってちょっと補足してみました。以上。

英語の歌は、1つの音符の中で、1つの母音とゼロから複数の子音を発音することで成り立っています。
まぁ、確認したわけじゃないですけど、だいたいそうです(笑)
この子音をどう活かすのか?
それが、日本語の歌では出し得ないリズム感を再現できるポイントとなるはずです。
とにかくオリジナルの音源を、歌詞カードを見ながら、子音の存在を意識しながら、聴いてみて下さい。
子音はどのタイミングで発音されているのか?
例えば、始まりや語尾の子音は前後の音に食い込んでないか?
強さは?長さは?
だいたい、ホントに音は出てんのか?
みたいなことを、そっくり真似できれば「子音の正しい発音」とか、どうでもいいんじゃねーか?
とか、思うのです(笑)
思うのですが、次回からはそれぞれの子音の発音について。
スポンサーサイト
Posted by YUKI
comment:0   trackback:1
[インチキ英語講座]  thema:音楽のある生活 - genre:音楽
comment
comment posting














 

trackback URL
http://prmv.blog24.fc2.com/tb.php/274-1df64ebf
trackback
音節音節(おんせつ)とは、シラブル(英語 syllable)ともいい、1個の母音を音節主音(おんせつしゅおん。英語 syllabic)とし、その母音単独で、あるいはその母音の前後に1個または複数個の子音を伴って構成する音声(群)で、音声の聞こえの一種のまとまりを言う。.wikil
| 英語学習教習所 | 2007.10.01 13:51 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。