FC2ブログ
最近はプロモーションビデオはあんまり・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by YUKI
 
[スポンサー広告
インチキ英語講座④
インチキ英語講座とは「英語なんか話せないけど、英語の勉強をしないで、英語の歌を英語っぽく歌いましょうよ」という、その名の通りインチキな企画です。
カテゴリー作っちゃいました。こちらからもどうぞ。

今日のテーマは母音を伴わない子音」前編

前にも言ったけど、日本語の文字って「ん」以外はすべて、「母音のみ」もしくは「子音」+「母音」の音を表現しています。
ちなみに「母音のみ」というのは、ア・イ・ウ・エ・オで、日本語とは子音に必ず「ア・イ・ウ・エ・オ」がくっついているわけです。
例えば、「カ」ならkaすなわちkにア。ここで言うところの子音は「k」になります。
母音を伴わない子音とは、このkだけを発音することをいいます。
この子音の発音ができないと、英語の歌は歌えません。だって、英語って子音だらけですもん。
ただね。実は日本人も意識していないだけで、母音のない子音をしょっちゅう発音しているんですよ。
おはようございます
という言葉を想像してください。実際に口に出してみてもいいです。
これを標準語で発音する時は、一番最後の「す」は実は子音しか発音していません。
この「す」がsの音なのです。(実際には強さとかちょっと違うかも)
同じ言葉でもキツイ関西弁だとこの最後の「す」もsuと発音されてしまいます。多分母音の強い方言なんでしょうね。理屈は良くわかりませんが。これが関西弁だけかどうかもわからないし。
ただ、この標準語と関西弁の「す」の差を意識してもらえれば、子音の発音はイメージしやすいのではないかと思います。英語の歌と関係ないので省略するけど、他にも結構そういう発音ありますよ。

と、ここまでが前置きです(なげ~な)
子音のみの発音。というのはイメージしていただけたでしょうか?
子音にもいろいろな種類がありますが、その多くは「聞き手に対して音程を認識させること」が実は難しいのです。中には音程をまったく感じさせることの出来ない、息だけの音というのもあります。
平たく言うと「ドレミ」を表現できないってことです。
歌なのにドレミを表現できない音があっていいの???
いいんです。このドレミを表現できない音がグルーブを生み出すのです。多分(笑)
あまりにも長すぎるので、このまま続く。
できたら、明日。
スポンサーサイト
Posted by YUKI
comment:0   trackback:0
[インチキ英語講座]  thema:音楽のある生活 - genre:音楽
comment
comment posting














 

trackback URL
http://prmv.blog24.fc2.com/tb.php/267-dbd09feb
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。