最近はプロモーションビデオはあんまり・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by YUKI
 
[スポンサー広告
インチキ英語講座
なぜ、日本人のボーカリストは日本語みたいな発音で英語を歌うのか?
私の好きなミュージシャンにも英語で(も)歌う人はたくさんいますが、結構「まんまカタカナ」みたいな勢いで歌ってる人います。プロなのにさ。まぁ、それでも好きなんですけど。
音やアレンジにはこだわるのに、どうして、そこにこだわらないでしょうか?もったいない。
とか言う私も昔はそういうこと全然気にしてませんでした。
もう少し引いた立場で他の人の歌を聴くようになったときに「英語の歌は日本語では決して出せない音で構成されている」ということに、ハッと気付かされたのですよ。
それを無理矢理日本語(の発音)に当てはめて美しいはずがないじゃん!
というわけで、それ以降、英語の歌を歌う時には以下のことを実践しています。

絶対に、フリガナをふらない(頭の中でもダメ)
勝手に省略しない(特に子音)
日本語にはない発音ほど強調する


学術的に何の根拠もありませんが(笑)概ね好評です。
まったく英語を話せない私が「英語の発音うまいね~」って言われるんだから、それなりじゃない?
と勝手に自負しています。
ちなみに、英語をしゃべれる人の前で試したことはありません。
「意味ないじゃん!」と思ったあなた。ちょっと考えてみてください。
英語をしゃべれる人に対して英語力をアピールしたいのなら、英語を勉強するしかないのです。
私が目指しているのは「英語の良さを損なわずに歌を歌う」ということであって、英語でコミュニケーションをとることではありません。ちなみに、英語の勉強をする気もまったくありません(笑)
英語をしゃべることでしか得られないリズム感と、英語の発音にしかない美しさを追求したいだけです。

というわけで、英語が全然できなくて、でも英語で歌を歌いたくて、英語がよくわからない日本人にアピールしたい人は、ぜひ上の3つ実践してみていただきたい。
と言うか、これだけじゃまったくわからないので多分続きます。
機会がありましたら・・・
スポンサーサイト
Posted by YUKI
comment:4   trackback:0
[インチキ英語講座]  thema:音楽のある生活 - genre:音楽
comment
久々にコメントさせていただきます。

最近多少洋楽の魅力がわかってきたつもりですが、
やっぱ日本語にはない英語独特のリズム感、響きはやっぱ魅力的ですよね。
それに、メロディの乗せ方も日本語と英語じゃ少し違いますしね。
そこが、日本人には難しいってことなんでしょう。
でも自分も英語で歌ってみたいんで是非その三大鉄則を試してみたいと思います。
2006/04/08 00:17 | | edit posted by もり侍
おひさしぶりです、fujiccoです。
私もかねがね、同じことを思ってましたよ…。
私はほとんど邦楽ロック(しかも全日本語詩のバンドばっか)しか聞きませんが。
私はホントに英語できないので、英文を読むとどーしても
頭の中でカタカナに変換されちゃうんですよね…(寂)
なので、日本人アーティストの英語詩の曲や洋楽を聞くときは、もぅ詩の意味はまったく(!)考えず、メロディのみで楽しむことにしてます。。。
ほんと、英語の曲にしかないリズム感ってありますもんね。

とはいえ、やっぱり歌詞もわかってた方が曲を好きになれるので、洋楽の魅力をちゃんと判ってないのが現状でして。
こないだ、友人の着メロが洋楽だったんですが、わりと好きな感じの曲だったので、「その曲イイネ!なんて曲?」と聞いたら、(誰の曲だったか忘れちゃいましたが)『好きな娘がレズビアンだった』という内容の曲でした。
やっぱ、歌詞も判ってないと…(笑)
2006/04/08 22:39 | | edit posted by fujicco
>もり侍様

ぜひ、試してみてください!
とは言っても、アレだけじゃ意味わかんないですよね。
そのうち、もっと丁寧に解説できたらな~と思います。
特に、若いうちに「正しい発音で憶える」というのを実践できれば、インチキじゃなくなるかもしれませんよ(笑)

特にリズム感はカタカナに直したら絶対に出ません。
あと、子音についてはとことん追求した方がいいです。
2006/04/09 00:16 | | edit posted by YUKI
>fujicco様

カタカナはダメです。やめましょう(笑)
カタカナにできるってことは、ある程度の発音の規則はわかってるってことだから、アルファベットから直接音をイメージすればいいんです。

洋楽聴くときは私も詩の内容はあんまり考えませんが(わかんないし)言葉の響きはスゴイ聴きます。
等拍(単語のすべての音が同じ長さ)の日本語にはない、リズム感はやっぱ洋楽じゃないと味わえないし。
日本人ですごく英語の発音が上手い人でも、この等拍の呪縛からはなかなか開放されてない気がする。
だから発音が良くてもキレが悪いとかになっちゃう。
すいません、マニアックなんですけど。
2006/04/09 00:26 | | edit posted by YUKI
comment posting














 

trackback URL
http://prmv.blog24.fc2.com/tb.php/247-a9709b8d
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。