FC2ブログ
最近はプロモーションビデオはあんまり・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by YUKI
 
[スポンサー広告
MO'SOME TONEBENDER 「流星群」
「流星群」SING!収録 9月24日

SING!SING!
(2008/09/24)
MO’SOME TONEBENDER

商品詳細を見る

前回、モーサム書いたばっかなのに、またモーサムですいません。偶然です。
流星群、ライブとかではやってるみたいだけど、私はこのPVが初です。
初めて聴いた感じだとサビの「いい音」っぷりが、なんか逆に印象に残らないなぁ。
とか、なんとか思ったりしたのですが、何度か見てると気持ち良くなってくる。
うん。やっぱ、いい曲。
でも、ライブで聴く方がいいんじゃないのかなー。どうでしょう。どうなんでしょう。
歌詞はすごく好き。あ、こちらに百々さん直筆の歌詞が載ってます。

PVは森と近未来?それから宇宙。流星群だし。
この森の中のシーン、やつれた感じとブレ方と光の加減が、昔流行った「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」を彷彿とさせます。
イヤ、ちゃんとは覚えてないんだけど、だいたいこんな感じじゃなかったかなー、みたいな。あれ、気持ち悪かったよね(笑)
イヤ、PV自体は結構かわいらしいな感じなんですが。アニメーションとかも良く出来てるし。
最後、プラプラぶら下がってる自分たちを指さすとこが好きだな。

そう言えば、SING!のジャケ写、特殊メイクの撮影がものすごく大変だったみたいですね。
普通の(?)ネットニュースにも載ってた(笑)
スポンサーサイト
Posted by YUKI
comment:4   trackback:0
[music clip]  thema:プロモーションビデオ - genre:音楽
坂詰美紗子 「オンナゴコロ」
オンナゴコロ」 9月17日

オンナゴコロオンナゴコロ
(2008/09/17)
坂詰美紗子

商品詳細を見る


灼けたような色調のPVでおしゃれ。
そして、これに出ているモデルさんが、ものっすごくカワイー。マジで。
好みなので調べてみました。(あ、一応男性の方が好きです。念のため)
『CanCam』専属モデルとしてデビューした、渡香奈(わたり かな)さんと言うモデルさんだそうですよ。
すいません、CanCamって、今まで女として生きてきて、ただの一回も買ったことがないので、まったくこの方存じ上げませんでした。
しかも(しかも?)CanCamの最後がmだったなんて…
坂詰美紗子さんはカッコいいですが、あまりの「姉さん」っぷりに、私も「この歌詞のオンナゴコロを表現するには、姉さんだけでは無理があるのでは?」と思います。
って、そういうことじゃなかったらゴメンなさい(笑)
いや、ホント、カッコいいのよ、坂詰美紗子さんは。特に鍵盤の「男弾き」には惚れます。
私だったらあんなグルングルン盆で回されて、ピアノ弾いたり歌うたったりできませんよ。もう、酔っちゃって(笑)

恥ずかしながら「恋の誕生日」まで、坂詰美紗子のこと全然知りませんでした。
初めて聴いた時は、なんて情感たっぷりかつパワフルなボイスなのかと感動した。
今回の「オンナゴコロ」は軽快でポップな曲調なんですが、その力のある声で歌いあげるところが男前です(最近こればっか)
ぜひ、聴いてみてください。
Posted by YUKI
comment:2   trackback:0
[music clip]  thema:プロモーションビデオ - genre:音楽
斉藤和義 「やぁ 無情」
やぁ 無情」 9月17日

やぁ 無情やぁ 無情
(2008/09/17)
斉藤和義

商品詳細を見る


斉藤和義さんって若いですよねー。
って、今ね、なんかイヤな予感がして確認してみたら、2年前にまったく同じ文章で始まってるやつがありました 。いまさらアレなんで、まぁ、このまま行きますけど。まぁ、若いですよねって話です。まぁ、これはもういいです(笑)
なんか、いつも不満そうな顔してんのがいいのかな。世の中や体制に不満とかそういう大それた話じゃなくて「俺、今、腹減ってんのに…」的不満顔。大人はそういう顔しませんよ、みたいな。
好きです(笑)
空気感と色調のバランスに味があるカッコいいPVです。
これ、出てるの、映画「フィッシュストーリー」にもご出演の渋川清彦(KEE)さんじゃないでしょか?
うーん、でも、にしては老けてた気もするんで、ちょっと自信ないです。次見たら確かめます。
フィッシュストーリーは出演する俳優さんが、もう、好きな人ばっかりなんで、すっごい楽しみです。「アヒルと鴨のコインロッカー」も良かったし。もちろん「音楽プロデュース 斉藤和義」も楽しみ。

曲はアリナミンでずーっと聞いてたので「あ、まだ出てなかった?」って感じ。そして、ちょっと申し訳ないけど「明日の力 ウコンの力」のエレカシ(俺たちの明日)とカブってしまう。
全然、曲、違うのに。
歌詞だって、似てるようでまったく違うこと言ってるのに。
どっちのCMも見るたび「ああ。私、疲れてる…」と思ってしまうので(笑)
でも、斉藤さんの声は好き。
実を言うと、「歌うたい」は、彼の曲の中ではそれほど好きではなかったのですが、桜井さんが歌っているのを聴いたら、やっぱ斉藤和義の声はいいなぁって思った。
あ、別に、桜井さんがどうとかじゃなくて「斉藤和義の曲には斉藤和義の声」とか思うわけです。
Posted by YUKI
comment:2   trackback:0
[music clip]  thema:プロモーションビデオ - genre:音楽
POLYSICS 「ハードロックサンダー」
「ハードロックサンダー」KARATE HOUSE (初回限定盤)(DVD付)収録 2月28日

KARATE HOUSE (初回限定盤)(DVD付) KARATE HOUSE (初回限定盤)(DVD付)
POLYSICS (2007/02/28)
KRE


POLYSICSなのにPVが普通にカッコいい(笑)
演奏シーンをネガ(白と黒がぎゃくになるやつ?)の映像でお届けしています。
ツナギはいつもと同じ色で、黒く映るところは青光りしてます。
ハヤシが「ニッ」ってやると、歯がお歯黒みたいで怖いです。今「おはぐろ」を変換したら「鉄漿」って漢字が出てきたけど、これが正式名称か?なんかオドロオドロしい漢字。
そう言えば、スペシャで素顔の(バイザーがないだけだけど)ハヤシをよく見るけど、想像以上に普通と言うかむしろちょっと好青年で、そのギャップに戸惑います。
やっぱ、男はギャップよね。でも、惚れないけどね。
そんなこんなでキレキレのPVです。

音もキレキレでギュンギュンです。
ただ、最初は「ハードロックダンサー」だと思って、ちょっと「ぷっ」ってなっちゃった。でも、自分がダサいからそんな発想するんだなって気が付いて、今、とても恥ずかしい。。。
また、ギターソロがギュンギュン(しつこい?)ですよ。カッコいい。
むかし、ドーパンの某ロックスターが、なんかギターソロのことを聞かれて、「最近の子ができないからやらないだけでしょ」的な回答をしていたのを思い出した。さすがロックスター(笑)
でも、いましたよ、ここに。できる子。
ちなみに、歌詞はまったく聞こえず。
このアルバムは通しで聴きたいな。ってもう、とっくに出てるけどね。

他にも見てみる?→こちらへどうぞ
Posted by YUKI
comment:8   trackback:0
[music clip
K 「True Colors」
「True Colors」The TIMELESS Collection VOL.1 (初回限定盤)(DVD付)収録 3月21日

The TIMELESS Collection VOL.1 (初回限定盤)(DVD付) The TIMELESS Collection VOL.1 (初回限定盤)(DVD付)
K (2007/03/21)
ソニーミュージックエンタテインメント


竹内結子の携帯のCMのバックに流れている曲です。
Kが歌ってたんだ。へぇ~~~。
実はTrue Colorsには、後に述べますが(と言っても、たいしたことはありませんが)深い思い入れがあり、CMを見るたび「おっ」と思っていました。
って、なんだか、このPVを見て初めて「Kだったのかぁ」って思ったみたいに書いてしまった。それはウソ。かなりウソ。
いつも「あれ?誰が歌ってるんだっけ?」ってなって、CMを見て「ああ、そうだ。Kだ」と思い出すというのを繰り返していました。やばい。脳の細胞がどんどん死んでいってる。
とりあえず、このPVでようやく情報が長期記憶(?)に。よかった。
そんなわけで、このPVには竹内結子とか、昔月9でやってた「も、もしかして韓流パクリですか?」的ドラマに出いていた、何とか言う(すいません名前は忘れました。でも、結構好みです)俳優さんとかが出ています。
それにしても、やはり竹内結子は美人です。そして「結子」が一発で変換できないということに、驚きと軽い憤りを感じています。
Kは夕暮れもしくは明け方と思われる海辺を歩きながら歌っています。それだけですがとても美しい映像です。これも行定勲が撮ってたり?それはないか。
この人は多分、普通にその辺にいたら気付かずに通り過ぎること間違いなし、な感じに地味ですが、歌っている様子は色っぽくていい。あれ?これ前にも書いたか。まぁ、いいや。

シンディー・ローパーのTrue Colorsは私が生まれて初めて、完璧に覚えて歌えるようになった英語の歌です。意味もキチンと把握していました(もちろん、訳詞を見た)
多分、中学の頃だったと思います。
イントロのもの悲しいパーカッションの音も、Aメロの切ないメロディーラインも、Bメロの語りかけるような展開も、美しく力強いサビもすべてが衝撃的で、とにかく一生懸命覚えて歌いました。
歌詞も中学生でも納得できるように簡単で、大人になった今でも決して色褪せない。
ただ、訳詞で意味を把握していたせいで「あなたを愛してるのよ」とか「私には見えるわ」とか、Kが歌ってるように聞こえちゃって困ります(また、微妙に似合ってるのよ。これが)
が、ちゃんと、男の言葉に切り替えてみると、この歌詞は男からの視線のほうが、もしかして、いいかも?という気もしてきた。
良い声してる。他のカバーも聴いてみたい。

他にも見てみる?→こちらへどうぞ
Posted by YUKI
comment:0   trackback:0
[music clip]  thema:プロモーションビデオ - genre:音楽
LOST IN TIME 「最後の一球」
「最後の一球」さぁ、旅をはじめよう収録 3月7日

さぁ、旅をはじめよう さぁ、旅をはじめよう
LOST IN TIME (2007/03/02)
UK.PROJECT


何日か前、仕事をしながら気が付くと、ずーっと同じメロディーを口ずさんでいる。ということがありました。
そして、なぜだか曲名が思い出せない。誰の曲かもわからない。
最初から歌えれば何の曲だか思い出せそうなんだけど、サビしかわからない。。。
というわけで延々同じフレーズの繰り返し。う~イライラする。
そんなモヤモヤした気持ちのまま、うちに帰ってきて、何気なく(多分録画してあった)PVを見たら、あなた。その曲がやってるじゃありませんか!
そうです。それがこれ、LOST IN TIME最後の一球です。
このPVね、たった1回だけ、何か他のことをしながら上の空で見ただけなんですよ。その時に一応「あ、LOST IN TIMEだ」って思った記憶はあるから、絶対そのとき見たのが初めてだと思う。
たった1回なんとなく聴いただけなのに、その一日ずーっと私にリフレインさせるなんて、おそるべしLOST IN TIME。そして、海北ビブラート。
無意識なのに心に残ってしまうすごい曲。
歌詞も情景がばーっと浮ぶ感じで良いです。

PVはとにかく海北でいっぱい。という感じ。
もちろん、余白もちゃんとありますし(ものすごい青空)大岡 源一郎だってしっかり出てるし、別に存在感がないわけじゃないし、だけど「海北濃度」がなんだかとても高いのです。
いったい、なぜなのか?
髪がモッサリしてるからか?
金がかかってなさそうだからか?
(全然PVっぽい画質じゃない)
最後に二人が一緒になるシーンは、「あぁ、二人でやっていくんだなぁ」という感慨を覚える。
まぁ、これ今さらなんですけど。
なんか、前回(Jackson vibe 「」)も似たようなこと言ったなぁ。次はくるりかしら・・・

他にも見てみる?→こちらへどうぞ
Posted by YUKI
comment:0   trackback:0
[music clip]  thema:プロモーションビデオ - genre:音楽
Jackson vibe 「桜」
」 3月14日

桜
Jackson vibe (2007/03/14)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ


「今年の桜はこちら」だそうですよ(笑)
一体、いつになったら収束するのか?桜ムーブメント。
いやいや、全然いいんですけど。
いいんですけど、この曲「桜」かなぁ・・・
基本的に桜ソングは歌詞を聴かなくても「桜」をイメージできなくてはいけないと思うのですよ。
でも、Jackson vibeはメロディーラインもリフも特に桜っぽくないような・・・どうでしょう?
だいたいグローバーの顔が、全然桜じゃないよ(笑)

PVはスーツです。
すごい今さらですが、ホント3人ですねぇ。なんか慣れないな。
とりあえず3人で、書家が書いた(と言うより、本人達が書いてる気がする)でっかい「書」みたいなのを蹴破ったりしています。楽しそうだ。
でも、蹴破る時に映像が超スローになるので、ヘン顔も超スロー。
というか、別に蹴破らなくても、人間というのはスローで見ると、半分くらいはヘン顔なのではないかと思う。皆さんも、お気をつけて。
途中、「夢」と書いてある「書」の前でそれぞれなんかしゃべってるシーンがあります。当然音は聞こえません。
多分、夢語ってるんだろなぁ~。でも、そんなベタなことするかなぁ~。
というわけで、何言ってるかわかりませんので、よかったらおもしろくアテレコしてみてください。

さて、先ほどは「桜じゃねぇっ」と言いしましたが、曲自体は好きです。
この安定感はさすがだな。
あれ?ロックと「安定感」ってなんか対極な気がする(笑)
なんて表現したらいいのかわからないけど、例えば、Jackson vibeの曲ってなんか自分の人生のBGMにしたい感じ。実際の生活でBGMにして聴きたいんじゃなくて、自分の人生のバックに流したい。
という、絶対の信頼を寄せた「安定感」です。
わけわかんなくてスイマセン。そして、キモくてスイマセン。
とかなんとか言ってるうちに、なんとなくこの曲がなんだか「桜」っぽく聞こえてきたじゃない。あら不思議。

他にも見てみる?→こちらへどうぞ
Posted by YUKI
comment:5   trackback:0
[music clip]  thema:プロモーションビデオ - genre:音楽
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。